2016年11月20日

娘に感謝

我が家の娘は三十路を遠に過ぎ独身貴族をおうかしていて1年近く前から家を出て一人で生活している

でも、何処に住んでいるかを知らない母親の私

娘との交流は携帯電話電話で用事があるとすぐに電話をいれる

ただし、うざがれない程度に

娘はチワワを飼っているが、最近はほとんど我が家で面倒をみている状態で私達にとっては孫のような存在でとても愛らしいが、もう少し責任を持って面倒を見て欲しいと思う時もある

そんな娘だが主人が認知症のような症状が出ていた時には、娘が助けてくれどれだけ娘の存在が有難かったことか!! かんしゃ

感謝しても感謝しきれないほど嬉しい・感謝

さてさて・・・そんな娘が今日突然家に戻って来て友人から金粉入りのカステラを貰ったからとわざわざ届けにきてくれたありがとう・感謝

主人と娘と私の3人で半分食べてしまったけれど残りの半分をUP

白く見えるのは金粉

20161120-1

わざわざカステラを持ってきてくれたが、20分ほどしか家にいなくすぐに帰ってしまったが、なんだ・かんだと言いながら娘は私達(夫婦)を気にかけてくれているんだなぁーと思う

こうしてブログに書くことで何気なく生活していることを身にしみて家族であることの大切さやありがたさを感じる

幸せってこんな近くにさもない処にあるのだと思う

posted by ずぼら婆ちゃん at 16:54| Comment(0) | 写真
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]