2016年11月26日

「ありがとう」の言葉…貴方はどう思いますか?

還暦を過ぎ、息子は結婚を期に同敷地内に家を構え生活している
三十路を遠に過ぎた娘は一人で車で数十分の処で一人暮らしをし今では主人と二人の生活

他界した義父母の部屋・子供達それぞれの部屋・座敷が2つ・私達夫婦の部屋・茶の間など部屋数が7つとダイニングキッチンの我が家は今では夫婦二人にはあまりにも大きく感じるこの家

夫婦二人での生活で毎日・毎日変わり映えのしない日々を送っている

それでもちょっとしたことで主人には感謝の気持ちを持ちながらの生活を送っている

例えば、スーパーへの買い物に主人がアッシー君になって行ってくた時、出かける時には私は「お願いします」と声を掛け、帰宅すると「ありがとうarigato01」と感謝の気持ちを伝える好き

食卓のテーブルについた時、「お醤油を取って!!」と声を掛けお醤油をとってくれたら「ありがとう」の言葉を掛ける

私は些細なことで「ありがとう」の言葉を掛けるように心がけている

しかし主人からは「ありがとう」の言葉が返ってこない

代り映えのない毎日の生活に全ての事がマンネリ化し過ぎて「ありがとう」の感謝の気持ちも持てなくなってきているのだろうか?と疑問に感じる

主人に言わせると「ありがとう」と言葉を掛けたら感謝の思いが薄っぺらいものになってしまうので「ありがとう」の言葉は掛けたくないという

感謝の思いはそんな薄っぺらいものじゃないという

私は言葉に出さないと分からない思いもあると思うし、「ありがとう」の言葉を掛けてもらうと嬉しいけれど・・・・・・

今時の若い人達の考えや思いは分からないが、70歳をもうすぐ目の前にした男性ってみんな主人爺ちゃんと同じ思いを持っている人が多いのかしら?

posted by ずぼら婆ちゃん at 15:42| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]